SH工法

SH-METHOD

SH工法について

SH・SHミニ工法イメージ

SH・SHミニ工法とは?

水平ボーリング方式の二重ケーシング式で推進管(鋼管)を推進し推進貫通後、推進管内にスペーサーを取り付けた本管を布設、空隙を充填して、目的に合った種々の管路を築造するものです。

切削ビット

切削ビット

圧砕ビット

圧砕ビット

【SH・SHミニの特色】

  • スペーサーの調整で、管路勾配の調整ができ、本管は高精度で布設できます。
  • 本管は二重構造となり漏水がありません。
  • 軟弱地盤から玉石混じり砂礫地盤、岩盤まであらゆる土質で施工ができます。
  • 既設構造物(既設マンホール、シールド)に直接到達させることができます。
  • 地中障害物(松杭・PC等の杭及び鋼矢板等の存置された山留材)が切断できます。
  • 支圧壁を必要としません。
SH工法の作業フロー
  • 推進装置設置し先導体据付します。
  • 鏡切断推進を開始します。
  • 推進完了後、推進装置を後退し次の推進管を接続します。
  • 推進を繰り返します。
SH工法の作業フロー
  • 立坑(マンホール)に到達すると推進完了です。
  • 内管などを引き抜き回収します。
SH工法の作業フロー
  • さや管内測量後、本管(スペーサー付き塩ビ菅など)を挿入します。
  • 本館挿入後、さや管と本管の空隙を充填し完了とします。

CONTACT

お電話でのお問い合わせ

072-623-5335
受付時間 平日9:00~17:00(土・日・祝をのぞく)

メールフォームでのお問い合わせ

ページの先頭へ