株式会社馬場建設
ADVANCED DRILLING
TECHNOLOGY

創業71を迎えた大阪府茨木市の馬場建設です。

水平ボーリング方式・二重ケーシング式推進機
SH-MINI METHOD & BABY-MOLE METHOD

  • 立坑の小型化
  • SH-46型(φ2000㎜)、SH-610型(φ2500㎜)、ベビーモール工法(φ1200㎜以上)の円形小型立坑から施工可能
  • あらゆる土質で施工可能
  • 軟弱地盤から玉石混じり砂礫地盤、岩盤まであらゆる土質で施工が可能
  • 既設構造物に直接到達
  • 既設マンホール、既設シールド等に直接到達させることが出来、コスト縮減が可能
  • 本管は高精度で布設
  • スペーサーの調整で、管路勾配の調整が出来、漏水もなく本管は高精度で布設可能
  • 地中障害物が切断可能
  • SHミニ工法では松杭・PC等の杭及び鋼矢板等の存置された山留め材、ベビーモール工法ではあらゆる地中障害物が切断可能

STRENGTH

過酷な土質と距離に挑戦!

厳しい土質条件に超高回転トルクで対応
砂、砂レキ、玉石の削進。立杭は1号人孔から、鋼管径最大∅1800まで削進可能

作業に合わせて選択可能!

小型、軽量の特殊ベビーモール機
特殊条件に挑戦する新機種、1号人孔内開削巾より発進、枝管取付け可能

ハンマービットの革命!

拡縮自在の単純構造で正確な方向制御
押して開き、引いて閉じる簡単構造。正逆限定回転でパワフル、正確な方向制御

METHOD
BABY-MOLE & SH METHOD

ベビーモール工法の特色

特殊取付管特許工法
  • 推進角度が水平から90度まで発進が可能
  • 管路薬注をせず推進が可能流砂防止装置を使用することにより、管路薬注をせず推進可能(現場条件による)
  • 取付管が可能既設シールド・ヒューム管等に直接到達することが可能
流砂防止鋼管削進工法
  • 流砂防止鋼管削進工法の特徴
  • パッキン使用により地山の破壊がありません
  • あらゆる土質、障害物での削進が可能です
  • 鋼管径∅200mmから使用可能

SH工法の特色

  • 最大70m程度の推進可能。推進機後方より測量機器を用いて方位測定を行い、鋼管を回転させ偏芯削孔させることにより方向修正を行えるため、最大70m程度の推進が可能。
  • 切削ビットの交換が可能。発進立坑内にケーシングロッドを回収できるため、切削ビットの交換が可能。

自社の旋盤室

弊社では、自社旋盤室を構え、φ150mm~φ600mmまでの定尺(L=6m)の鋼管生材から、ネジ切り鋼管、面取り鋼管を製造、使用しております。

  • 鋼管の勾配精度の確保
  • 鋼管の方向精度の確保
  • 鋼管の方向・勾配精度を保てるため、削進距離が延びる(最大45m程度)

また、自社で定尺(L=6m)の鋼管在庫を一定量保有しているので、臨機応変に現場に対応することが可能です。

定尺もの在庫状況写真
定尺もの在庫状況
鋼管切断状況写真
鋼管切断状況
鋼管ネジ切り状況写真
鋼管ネジ切り状況
旋盤室全景写真
旋盤室全景
ISO9001 ISO14001 認証範囲:土木構造物及び推進工の施工
  • ベビーモール協会
  • SHスーパー工法協会
  • オープンシールド協会
  • パルテム技術協会

CONTACT

お電話でのお問い合わせ

072-623-5335
受付時間 平日9:00~17:00(土・日・祝をのぞく)

メールフォームでのお問い合わせ

ページの先頭へ